横浜市歯科医師会認定保育園健診歯科医の認定証が届きました。

院長の内山です。

横浜市歯科医師会認定保育園健診歯科医の認定証が届きました。
私は保育園医として複数の保育園と契約をしています。
園児が受傷した場合、診察を直ちに行うよう心掛けています。

園児の受傷では転倒による唇の裂傷や歯の破折が多いと感じています。

唇の裂傷では縫合、歯の破折では歯の接着等が必要となる場合があります。
動いてしまう乳幼児に対してはレストレーナーという拘束器具を使用する必要がありますが、
当院にはありません。

しかしながら私も在籍している横浜市歯科保健医療センターの休日・夜間診療部門には備えがありますので、必要に応じてそちらに行って頂くことがあります。

現在横浜市は2度の緊急事態宣言と蔓延防止等重点措置を経験しています。
未だ予断を許さない状況です。

乳幼児の口に関する外傷でお困りの際は、
当クリニックで万全の感染対策で治療を行っていきますので、
是非ご連絡下さい。