日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士資格を更新しました。

院長の内山です。
日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士の認定証が手元に届きました。
当院では食べ物を噛むだけでなく、飲み込むことのトラブルに対する取り組みもしています。

加齢変化で飲み込む機能が下がり誤嚥を頻繁に起こすようになった結果、肺炎を起こすことがあることは知られています。他にも運動機能を損なう疾患に罹り、飲み込む機能が低下することがあることも知られています。

当院で口から食べることを禁止されていた患者さんが、治療の結果口から飲食できるようになった例があります。最近飲み込みづらくなったと感じることがあれば、一度ご相談下さい。